女性と健康診断

近年の急激な社会の変化は、特に女性のライフスタイルを大きく変えました。それは女性自身の体や健康にも影響し、婦人科系疾患も増えています。

女性の「病気への向き合い方」も予防や定期的な健康診断が大切な時代です。

女性のがん罹患数
1位 乳がん
2位 大腸がん
3位 肺がん
4位 胃がん
5位 子宮がん
※出典:国立がん研究センター
(2016年予測)

女性が気になる病気のこと

女性特有の病気である「乳がん」や「子宮がん」は早期発見が大切です。

子宮や卵巣のトラブルは30代から増えるため、子宮頸がん、子宮筋腫の検診は30代から、年1回のペースで受診するのがおすすめです。20代でも子宮頸がんの検診はおすすめです。乳がん検診は40代・50代の方は欠かせませんが、20代・30代でも油断は禁物です。20代~60代まで、年齢に関わらずがんのリスクを抱える女性は、定期的に検査を受けることをおすすめします。

推奨の検査

50代

40代

30代

20代

乳がん

マンモグラフィ検査

乳房超音波検査

年1回の検査をおすすめ

家族歴があれば検査をおすすめ

子宮頸がん

子宮頚部細胞診

年1回の検査をおすすめ

子宮筋腫

経膣超音波検査

筋腫を過去に指摘されたことがある方

生理でお困りの方へ検査をおすすめ

女性が安心して受診いただけるために

新潟健診プラザでは、新潟県内で初めて女性専用フロアを採用いたしました。

男女別の健診フロアをご用意いたしておりますので、安心・リラックスして受診いただけます。

「レディースドック」ご受診の方は、こちらも女性専用のリラクゼーションルームやカフェテリアがございます。

女性の新規受診者様が増加中

施設・環境面の整備、女性疾患用の検査機器の導入等により、当協会では女性の新規受診者様が急増しております。

女性の皆さまに寄り添い、ご意見を真摯に受け止めながら、これからも「キレイ」「やさしい」「確か」を実践してまいります。